夫婦が将来を誓う証|手作りの婚約指輪で二人の愛が燃え上がる!
男性女性

手作りの婚約指輪で二人の愛が燃え上がる!

夫婦が将来を誓う証

指輪

意味するところ

結婚指輪とは、いにしえのヨーロッパで始まったもので、契約や約束を意味する鉄の輪が使われたと伝えられています。結婚指輪を左手の薬指にするのは、この指の血管が心臓に繋がっていると信じられていたからです。日本で結婚指輪が定着したのは戦後で、結婚式で指輪を交換することの意味は、永遠に途切れない愛の象徴を渡すこととされています。これから夫婦として共に生きていくことを誓うということです。婚約指輪が女性だけに贈られるのに対して、結婚指輪は男女共につける場合が多いです。また、婚約指輪は一粒の目立つダイアモンドが使われることが多いです。しかし、結婚指輪は普段につけるので、日常生活に支障がないシンプルな地金のみや、小さな石をアクセントに使うデザインを選ぶ方が多くなっています。

どのように選ぶのか

結婚指輪を横浜で購入するのならどんなデザインにするのか、どこのショップで購入するのかなどは2人でよく相談することをお勧めします。デザインについては、地金だけの指輪は根強い人気があります。しかし、最近では女性の指輪には小さ目のダイアモンドをつけたり、ダイアモンドがぐるっと一周留めてあるエタニティなどを選ぶ方も増えています。横浜でしたら、横浜駅に隣接しているデパートやファッションビルなどに、ジュエリーショップのテナントがあります。また横浜元町にも色々なショップがありますので、デザインの豊富さは元より、クリーニングやお直しなどのアフターサービスのしっかりしたお店を選ぶと良いでしょう。婚約指輪を選ぶ際に下見をしておくと、重ね付けなどのイメージが出来るのでお勧めです。